ビジネスコスト



景気状況でビジネスコストは大きく変動している。特に不動産(購入・賃貸)、人件費、燃料に関しては変動が大きいのでそれを見越したビジネスプランが必要となる。またそれぞれのコストは、プノンペン、シェムリアップ、プレアシハヌーク、その他の地域で全く異なることも頭に入れておいた方が支店を出す時に役立つだろう。

 

オフィス購入

プノンペンでは商業用地購入(US$/ m2)で800~5000、居住用で150~1500、開発用地で45~200となる。シェムリアップでは商業用地購入(US$/ m2)で300~1500、居住用で100~500、開発用地で40~100程度。プレアシハヌークでは、商業用地購入300~1000、居住用100~250、開発用地で30~100程度となる。
ただし、外国人名義での購入は出来ないので注意。

 


オフィス賃貸

立地により大きく異なり、プノンペン中心部で10~40(月額/US$/ m2、以下同)、少し離れたエリアで7 ~15となり、シェムリアップでは、中心部で8~25、少し離れたエリアではオフィス賃貸というシステムがほとんどなく、一戸建て物件やアパートの一室を借りてオフィス利用するケースも多い。

 

工場・倉庫賃貸

1カ月あたり0.8~1.5US$/m2が目安となるが、立地、地域により大きく異なる。プノンペン、カンダール近郊など、工業地域には賃貸も多いが、シェムリアップやその他の地域にはほとんどないので、土地を借りた後、建物を建てることになる事が多い。

 

人件費

1カ月当たりの給与目安として一般労働者で61US$、一般オフィススタッフ120~200US$、エンジニア150~300$、マネージャー250~500US$程度となっているが、コンピュータースキル、語学能力、学歴により異なる。別途日雇い労働者の場合、日給1.75~2.5US$程度となる。縫製、製靴企業の場合最低賃金は61US$となっており、2014年までは据え置きとなってる。

 

電話料金

固定電話の場合、接続費用として20~50US$程度必要。国際通話をする場合保証金として100~200US$が必要となり、月額費用が7~10US$程度。国内通話の場合0.01~0.08US$/分、携帯電話にかける場合は0.1US$/分となる。また国際電話の場合は通話国により異なるが0.66~1.14US$/分となる。一般的に週末は通話料が安くなる。また固定電話はまだまだ少なく、携帯電話だけでビジネスを行っているケースも多い。

 

電気料金

「家庭用」「大使館、外国人住居、NGO」「政府系機関」「工業および商業セクター」と料金が異なる。
プノンペンの場合、家庭用が390~720リエル/KW、大使館、外国人住居、NGOが890リエル/KW、政府系機関が780リエル/KW、工業および商業セクターは独立系電力供給業者の定める料金。シェムリアップの場合地域により異なり、農村部で600リエル/KW、一般家庭用で750~870リエル/KWとなる。プレアシハヌークの場合、家庭用が720リエル/KW、政府系機関が760リエル/KWとなる。その他の地域に関しては600~1220リエル/KWとなる。

出所: Electricité du Cambodge(EDC)

 

水道料金

 「家庭用」「政府用」「商業用」と分かれ、使用量により料金は異なる。プノンペンでは家庭用で550~3000リエル/KL、政府用で1030リエル/KL、商業用で950~1350リエル/KLとなる。シェムリアップでは1100~2000リエル/KL、プレアシハヌークでは1500~2000リエル/KLとなる。その他の地域に関しては550~2000リエル/KLとなる。

 

ガス料金

 家庭用で17US$/15kg程度となるが若干変動がある。

 

ゴミ処理料金

 1カ月当たり一般家庭で5US$、企業だと25US$となり、通常電気代と共に請求される。

 

ガソリン料金

 ディーゼルで3800リエル/L、レギュラーで4800リエル/L、ハイオクで5200リエル/L程度となるが変動は大きい。

 

インターネット

 64Kpbs/無制限で月額25~30US$、256Kpbs/無制限で月額70~100US$程度、1Mbps/無制限で150~300US$程度となる。料金システムはプロバイダーにより大きく異なるが、全般的に料金交渉は可能となり、モデム・ルーターがあればWi-Fi接続も可能となる。都市部では安いプロバイダーもあるが、地方都市の場合、高いプロバイダーしかないこともある。

 

 

参考資料・情報提供:カンボジア開発評議会