聖山プノンクーレン

シェムリアップから北へ約50km、片道約70分でクーレン山山麓のチケット売場に到着。その後約30分で山頂へと到着。

ジャヤバルマン2世が宗主国であったジャワからアンコール王国独立を宣言した聖なる山である。アンコール発祥の地ともいわれ、現在でも信仰の場になっており、カンボジア全土から多くの人々が参詣する。

プ ノンクーレンの魅力として、川底に眠る神々と千本リンガ、20mの高さを誇る二段の滝、岩上に金色に輝く巨大仏像プレアアントン、点在する仏像を楽しむト レッキングコース等があり、様々な滞在方法が楽しめる。また、通常の旅行者が入らない山中には50を超す寺院や彫像などが眠っているが、地雷が残っている 確率があり、現地人ガイドの同行が必須となる。

観光には時間制限があり、正午を過ぎると車での入山は出来なくなるので気をつけたい。

 

  • 年代: 802年
  • 宗教: ヒンドゥー教
  • 創建: ジャヤバルマン2世
  • 入場券チェック: あり(20US$)
  • 必見度: ☆☆☆☆
  • 人気時間帯: 午前


チケットの事前購入はシティアンコールホテル前にあるブースで購入可能。

 

◎ 動画はこちらから ・・・ http://youtu.be/a-NEqSXMDq4


 

 

【山麓の入場券売場エリア】

  • ここでチケットを購入(1人20$)し、そのまま車両にて山頂の見所があるエリアへ移動。
  • トイレもあります。
  • 車両規制あり。早朝から11時までは登頂のみとなり、12時以降は降車のみとなる。
  • 24シーター程度のコースターまでは登れるがそれ以上の車両は登れない。
  • 山道は二台がギリギリすれ違える程度で、一部とても勾配がきつい部分がある。
  • 別途、トゥクトゥクでの登頂も不可能。
入場券売場

入場券1日20$入場券売場近くのトイレトイレ内部



山道の途中には、この地だけで採れる赤バナナも売っている。

山頂部のチェックポイント分岐点。左に行くと滝、右に行くと千本リンガと、プレアアントンとスラードムライ。

 

 

【プノンクーレン山頂エリア】

一般的な観光では、主な見どころは3カ所に分かれる。
  1. 滝エリア(ピクニックエリア)
  2. プレアアントン巨大涅槃像(涅槃像の近くに20分程度のトレッキング道がある)
  3. 千本リンガ(川底に彫刻が残る)
それに追加で、山奥に眠るスラードムライをはじめとした50を超す遺跡群がある。



 
【滝エリア(ピクニックエリア)】
駐車場からおりたらショッピングエリアがある。

ショップにはコピーもののアンティークが多数。他にも変な物も多数。

 


滝1エリア(2メートル程度の小さな滝)

滝1の脇から滝2へと降りる階段(雨季は滑りやすく注意)

滝2(時期によりカンボジア人がよく泳いでいる)

滝2エリアには海水パンツレンタルもある。2000リエル。

写真撮影ポイントも

雨季は増水し、滝2には近づくことはできない。

 

滝1近くのピクニック小屋。利用料は1$程度で持ち込み可能。

事前にお弁当セットなどがあれば時間的に楽。飲み物(水やソフトドリンク、ビールなど)は近くで購入可能。

滝1へと流れる川にかかる吊り橋。

吊り橋近くにはヴィシュヌ神の彫刻が川底に彫られている。

吊り橋のすぐ脇にはアンコール時代初期に造られたプラサットクラオルロメアスがある。

時間的には5分くらいで見終わる。

このあたりで一番きれいなレストランがここ

値段は高めだが、旅行会社レートもある。

上の店で頼んだ料理を外のピクニック小屋で食べることも可能。

 

 
  • ここから1km程度(約10分・道は厳しくない)歩くとプレアアントン涅槃像エリアへと到着する。
  • 車で大回りして、千本リンガ(1.5km、約5分程度で到着)やプレアアントン涅槃像エリア(2km、約10分程度で到着)に行くことも可能。
 
【プレアアントン涅槃像エリア】
>>>滝エリアからの続き(歩いて観光する場合)



こういった道を約1km(10分程度歩くと民家エリアがあり、その後プレアアントン涅槃像エリアに到着。

 

>>>車で来た場合はこちらから

駐車場を降りると屋台エリア。レストランやお土産物屋、山から採れた薬草店等もある。

寺院入口前にある待合施設。

プレアアントン寺院の入口階段。500メートル(約5分)緩やかな階段を上る。

階段途中にあるトイレ。中はこんな感じ。

階段の到着点。

 

この上に大きな涅槃像が岩自体に彫り込まれている。

岩の中の巨大涅槃物。16世紀に彫り込まれた。

涅槃像の下は神々が刻まれている。

中には占い師もいる。

 

>>ツアー、ガイドによってはここで終了し、次のエリアに車で移動するが、もっと歩きたい方には、この裏に20分程度のトレッキングコースがある。
  • ここから千本リンガまで歩く場合は500m(約7分)となる。
  • ここから1km程度(約10分・道は厳しくない)歩くと滝エリアへと到着する。
  • 車で大回りして、千本リンガ(500m、約5分程度で到着)や滝エリア(2km、約10分程度で到着)に行くことも可能。
 

【おまけ プレアアントン涅槃像エリアの裏のトレッキングコース】

山道はそれほどきつくはない、全行程1.5km(約20分)のプチトレッキングコース。

岩の下には仏陀像などが奉納されている。

山頂部エリア。

新しい石像が奉納されている。

こちらは大昔に彫られた彫刻。残念ながら色づけされている。

山道途中にある屋台。イノシシの牙や肝等変わったものを売っている。

山で採れた薬草や漢方薬など。

所々にこんな狭い道もあります。

ポルポト時代に使われた軍用貯水池等。

 

>>到着地点はプレアアントン寺院に一番最初に登り始めた階段エリア。
  • ここから千本リンガまで歩く場合は500m(約7分)となる。
  • ここから1km程度(約10分・道は厳しくない)歩くと滝エリアへと到着する。
  • 車で大回りして、千本リンガ(500m、約5分程度で到着)や滝エリア(2km、約10分程度で到着)に行くことも可能。



 

【千本リンガ】



千本リンガエリア。クバールスピアンにも同様のものがあるが、この上を流れた水は聖水となるとされる。

千本リンガエリア。

千本リンガエリア(増水時。写真は四月)