ソフィテルアンコールポキットラー ゴルフ&スパリゾート



Sofitel Angkor Phokeethra Golf & Spa Resort

2000年にオープンした5つ星ホテル。町からアンコールワットへ向かう途中にあり、ホテルの敷地は広く、緑が豊富でリゾート感溢れる雰囲気である。クメール文化とフランス文化の融合をテーマにし、ロビーも広く豪華な家具が配され、ため息が出るほど。部屋も広く落ち着いた雰囲気だ。広いスイミングプールやスパもあり、設備が充実。ホテル内でのんびりと過ごしたい方にお薦めだ。敷地内の湖の上にある、本格的なフレンチレストラン「マウフッツ・ドリーム」も大人気だ。
ハイシーズン(11月~3月)には、アプサラダンスショーが週三回公演される。
車で20分ほど離れた場所にポキットラーゴルフ場を持ち、ホテル滞在客は割引料金でプレイできる。

2007 年1月の『 Conde Nast Traveller 』で世界のベストホテル700 に入り、サービス部門ではカンボジアのホテルで唯一選出。日本人駐在。旧名:ソフィテル ロイヤル アンコール ゴルフ&スパ リゾート。

 

【ソフィテル・アンコール各店舗施設営業時間】
*So SPA with L’Occitane(Soスパ・ウィズ・ロクシタン):10:00AM~22:00PM
*Citadel(シタデル):朝食6:00~10:00AM(土日は10:30AMまで)、昼食:11:30~14:30PM、夕食:18:30~22:30PM
*Mouhot’s Dream(ムオードリーム):18:30~22:30PM
*Royal Court(ロイヤルコート):18:30~22:30PM
*Explorer’s Tales(エクスプローラーズテイルズ):7:00AM~23:30PM
*ジム、フィットネスセンター:6:00AM~22:00PM
*サウナ、スチーム、ロッカールーム(スパ施設内):10:00AM~22:00PM
*プール、Serpant Bar(サーペント・バー):8:00AM~20:30PM
 

 
編集部のインスペクションレポート
・全体的に広々としていて、高級感がある
・ロビーフロアと、客室と建物が分かれているので、歩くのが嫌な人には向かない
・ロビーバーがあり、その奥にはライブラリーがあり日本語の書物も少しある
・フレンチ用ディナーレストラン「マンフットドリーム」がある。ラグーンに浮いたような作りで雰囲気が良い
・朝食ブッフェは敷地が広いので混雑することなくゆっくり利用できる。食事の種類も豊富
・ラグジュアリーの客室のアメニティはロクシタン。日本人客に喜ばれる
・スイートの客室のアメニティはエルメス。バスタブにはテレビ付。またipodが聞ける機械があり好きな音楽が聴ける
・シェムリアップで一番大きなプールがある
・日本人スタッフ2名常勤(2012年4月3日現在)
・系列ゴルフ場もあり、宿泊者は優先的に使用できる
・建物がぞれぞれ分かれており、敷地が広く、プールとラグーンと緑とありリゾートが感じられる
・ホテル内施設もホテルの対応も全てハイレベル。ホテル内だけでゆっくり滞在が楽しめる
・客室にはDVDプレイヤーがあり、無料レンタルを行っている
・スタッフ教育が徹底している
・館内無料wifi

■クロマー編集部・体験記 【気になるホテルをライトアップ】vol.7:ソフィテル・アンコール・ポキットラーゴルフ&リゾート

スケッチトラベルカンボジアで予約

日本語、英語で簡単&格安予約できます。 このホテルを予約、さらなる詳細をチェックしたい方はこちらをクリック。

 

 

 ・全室禁煙。喫煙の方はバルコニーや外で。                           

 ・どの客室タイプもエキストラベッドを入れて3名様まで対応可。

 ・日本人旅行者には、緑茶ティーパックを置いたり、スリッパを使い捨てにと対応を変えている。

 ・ゴルフ場(打ちっぱなし)や、テニス場がある。道具は宿泊者無料貸し出し。

 ・外にアプサラパビリオン有り。RQ受けでアプサラダンスショーができる。

 ・夜のみシャトルバス運行(HTL⇔ナイトマーケット)19時~23時・1時間に1本

 ・日本人スタッフ3名・日本語が話せるカンボジア人スタッフ1名。

 

   場所は中心部から離れているが、敷地がとても広く(東京ドーム約2個分)リゾート気分でのんびりできる。日本人は観光でスケジュールがいっぱいで、ホテルに滞在する時間が短く、もったいない。ホテルでゆっくり過ごされたい方向きだ。