カンボジア歳時記

年間26日の祝日があり、3回の正月が訪る。年間14日の祝日しかない日本と比べると多く感じるが、これがカンボジア。上座部仏教ならではの催事も興味深い。

 

カンボジア2011年度祝祭日カレンダー



 

 

万節祭(ミアック・ボーチア)
悟りを開いた仏陀の説法を聞くべく使徒たちが集合し、そこから仏教が広まったとされる記念日。敬虔な仏教徒は寺に集う。

カンボジア正月
寺に集い、家族の幸せを願い新年を祝う他、正月特有の遊びや粉かけ、歌、ダンスなどを楽しむ。地方都市は大変混雑する。

仏陀生誕記念日(ヴィサカ・ボーチア)
仏陀が誕生し、悟りを開き、入滅したという大変重要な日。早朝から大勢の僧侶と国民が一か所に集い、催事が行われる。

聖畝祭(農耕祭 / 王室による耕作の儀式)
国王 自らが指揮をとる耕作の儀式で、この日より稲作が始まる。王室の牛が選ぶ穀物は、その年一番の豊作とされる。

お盆(万霊祭 /プチュン・バン)
先祖霊を祀る日。先祖を供養する為、早朝から寺まわりに出向く。連休となるため、多くの店は閉まり、行楽地は混雑する。

水祭り
雨季終盤、水の恵みに感謝をすることが目的。昼はボートレース、夜は仮設遊園地や打ち上げ花火が催され、遅くまで賑わう。

 

赤字:祝祭日
* :毎年変動する祭り・行事 ☆ :祝日以外の年中行事
※日曜に祝祭日がある場合は月曜日が振り替え休日となります
※ 通常毎年11月頃に翌年度の祝祭日情報が発表されます

 

カンボジア歳時記” への1件のフィードバック