バッタンバン農業訓練所



農耕車のエンジン等を修理する技術を教える訓練所。シソポンからバッタンバンへの途中にある。

内戦前、ここは農業に関する教育施設として利用していたが、内戦によりこの施設も放棄され、近年になりやっと施設は復旧された。現在は再び農業に関する技術指導を行う施設として利用されている。建物は日本が寄付した。