変わったアンコール遺跡 タイ・ラオスの遺跡

アンコール遺跡番外編

一般的な遺跡以外にも特徴のあるものを一挙紹介。アンコール時代の橋、洞窟の中に隠れている遺跡、カンボジア以外の遺跡など、面白いものもあります。

 

アンコールの橋

AngkorBridges アンコール時代に造られた大橋はアンコールワットから地方寺院まで伸びる幹線道路、通称「王道」の一部であったが、一部の道路は現在も使われている。

 

スピアンコンポンクデイ

Spean Kampong Kdei
  • 必見度: ☆☆☆
  • シェムリアップより東南東65km
  • 入場券:不要
 

スピアンタオン

Spean Ta Ong
  • 必見度: ☆☆
  • シェムリアップより東80km
  • 入場券:不要
 

スピアントップ

Spean Top
  • 必見度: ☆☆
  • シェムリアップより北北西110km
  • 入場券:不要
 

スピアンスレン

Spean Sreng
  • 必見度: ☆
  • シェムリアップより北西80km
  • 入場券:不要
 

洞窟の中の寺院

Temple in Caves 数多いクメール遺跡の中には洞窟内に造られたものもある。その多くはカンポット州だが、時間があれば行ってみよう。

 

プノンバナン

Phnom Bannan
  •  必見度: ☆
  • バッタンバン州
  • 入場券:不要
 

プノンケヤン(プノンキヤン)

Phnom Khyang
  • 必見度: ☆☆
  • カンポット州
  • 入場券:不要
 

 プノントートン

Phnom Totoeng
  • 必見度:☆☆
  • カンポット州
  • 入場券:不要
 

 プノンチュヌク(プノンチュヌグ・プノンチュヌック)

Phnom Chhngok
  •  必見度: ☆☆☆
  • カンポット州
  • 入場券:不要
 

カンボジア以外のクメール遺跡

Temples beyond borders

当時のクメール王国は現在のカンボジアだけではなく隣国にも広がっていた為、今でもクメール遺跡が残されている。その中でもお薦めの遺跡をご紹介。  

 

ワットプー

Wat Phu
  •  必見度: ☆☆☆☆☆
  • ラオス・パクセー地域
 

 ムアンタム

Muang Tam
  • 必見度: ☆☆☆
  • タイ・バーンタコ地域
 

 プノンルン(プノムルン)

Phnom Rung
  • 必見度: ☆☆☆☆
  • タイ・バーンタコ地域
 

 ピーマイ

Phimai
  • 必見度: ☆☆☆☆☆
  • タイ・ピーマイ地域

変わったアンコール遺跡 タイ・ラオスの遺跡” への2件のフィードバック