大回りコース

大回りコース

 アンコールトムの北~東側のエリアにある遺跡を廻る観光道。アンコールトムの北門から出て、プリア・カン~プレ・ループ間の観光要所をつないでいる。所々に人がめったに訪れない小遺跡もあり、自転車でゆっくり回ると良い運動になるだろう。

プリア・カン

Preah Khan
「聖なる剣」という意。ジャヤバルマン7世がチャム王に勝った地に建造し、父の菩提寺として祀ったとされる。敷地外周は東西約800m、南北約700m。四方にはアンコールトム同様、乳海攪拌の欄干が残り、外側周壁には50m毎に大きなガルーダ像が立ち並ぶ。東参道からは左手にはガジュマルが寺院に聳え立ち、右手に入ると珍しい円柱造りのニ階建て建造物が残る。
  • 年代: 1191年
  • 宗教: 仏教
  • 創建: ジャヤバルマン1世
  • 入場券チェック: あり
  • 必見度: ☆☆☆☆
 

タ・ソム

Ta Som
ジャヤタターカ(北バライ)の東土手に位置する小寺院で、東西の塔門に観音菩薩の四面仏が刻まれている。寺院は小型でこれといった見所は無いが、東塔門の四面仏には高木リエップの根が絡みつき、見るものに忘れられない印象を与える。入口は西側のみとなる。
  • 年代: 12世紀後半
  • 宗教: 仏教
  • 創建: ジャヤバルマン2世
  • 入場券チェック: あり
  • 必見度: ☆☆☆
 

プラサット・プレイ

Prasat Prei
プリアカンとバンテアイプレイの間にある小寺院。小さな盛り土の上にあり、外周はほとんど崩れ落ちているが、中央祠堂は綺麗に残っている。
  • 年代: 12世紀後半
  • 宗教: 仏教
  • 創建: ジャヤバルマン7世
  • 入場券チェック: なし
  • 必見度: ☆☆
 

バンテアイ・プレイ

Banteay Prei
小寺院ながらも綺麗にまとまっており、数多くのデバター像が並んでいる。寺院敷地からは大きなスポアンの木が聳え立つ。
  • 年代: 12世紀後半
  • 宗教: 仏教
  • 創建: ジャヤバルマン7世
  • 入場券チェック: なし
  • 必見度: ☆☆
 

ニャック・ポアン

Neak Pean
意味は「絡み合う蛇」で円形の祠堂の基壇に大蛇が巻き付いているのに由来する。大池と四方の四つの小池からなる沐浴場で元々はプリアカンの貯水池の中心に位置していた。中央池の中心には祠堂と神馬像があり、四方の各小池には人・馬・獅子・象の顔彫像があり、それぞれの口から聖水が流れ出す仕組みになっていた。
  • 年代: 12世紀後半
  • 宗教: 仏教
  • 創建: ジャヤバルマン7世
  • 入場券チェック: あり
  • 必見度: ☆☆☆☆
* 2011年の洪水時、駐車場から遺跡へ続く橋が壊れ、遺跡に全く入れない(見れない)状態となり、その後、木製の橋が完成し、遺跡手前まで行くことができるようになったが、以前のように奥まで入ることができない。

橋を渡ったところから全景を見渡すことができるのですが、一部ガイドブックにて写真付で紹介されている、馬、ライオン、人、象の頭部などはご覧いただけません。

 

トンレ・スグット

Tonle Sugout
アンコールトム北大門を抜け、小道をまっすぐ行くとある小祠堂。ジャヤバルマン7世時代の施療院ではないかとされる。意味は「乾いた川」。
  • 年代: 12世紀後半
  • 宗教: 仏教
  • 創建: ジャヤバルマン7世
  • 入場券チェック: なし
  • 必見度: ☆
 

東メボン

East Mebon
王朝初期に造られた巨大貯水池東バライ(東西7.5km、南北1.8km)中心に建つ平面型寺院。現在、貯水池は干上がっているが当時は基壇まで水につかっており、船で移動していた。
  • 年代: 925年
  • 宗教: ヒンドゥー教
  • 創建: ラジェンドラバルマン2世
  • 入場券チェック: あり
  • 必見度: ☆☆☆
 

プレ・ループ

Pre Rup
三層基壇の重なるピラミッド型寺院で、最上段にはアンコールワットと同様に五基の塔を備えている。東西127m、南北117m。東門から入ると広場に石棺が置かれている。ここで死者を荼毘に付し、寺院内北東部にある小さな祠堂で灰を流したとされる。遺跡の最上階からはアンコールワットが見える。夕日鑑賞名所のひとつである。
  • 年代: 961年
  • 宗教: ヒンドゥー教
  • 創建: ラジェンドラバルマン2世
  • 入場券チェック: あり
  • 必見度: ☆☆☆
 

クロル・ロミアス

Krol Romeas
アンコールトム北門近くにある遺跡。ラテライト製の円形周壁から当時の武闘会場や闘牛場的な役割があったのではないかと思われる。
  • 年代: 不明
  • 宗教: 不明
  • 創建: 不明
  • 入場券チェック: なし
  • 必見度: ☆
 

クロル・コー

Krol Ko
ニャックポアン近くにある小遺跡。破風にはクリシュナ神がゴーヴァルダナ山を持ち上げ、牛とその飼い主を雷神から守っている彫刻が残る。
  • 年代: 12世紀後半
  • 宗教: 仏教
  • 創建: ジャヤバルマン7世
  • 入場券チェック: なし
  • 必見度: ☆☆
 

レアック・ネアン

Leak Neang
プレループ前にあるレンガ造りの一基の祠堂でかなり傾いている。リンテルにはインドラ神が象に乗っている姿が刻まれている。
  • 年代: 9~10世紀
  • 宗教: ヒンドゥー教
  • 創建: 不明
  • 入場券チェック: なし
  • 必見度: ☆