フランス監視台



町の対岸に見える塔。20世紀はじめの仏植民地時代に建造された物見台で、内戦時は敵襲などを監視する役割があったという。2005年に修復された。中はがらんどうで子供たちの遊び場になってるが、螺旋階段があるので上まであがることが出来る。塔の上からは、当時と同じ景色を楽しむことができる。