独立記念塔


1953年、フランスからの独立を記念し、アンコールワット中央塔を模して建てられた記念塔。
ラウンドアバウト(円形交差点)の中央に位置し、歩いて塔の下に行くこともできる(車とバイクに注意!)。
交差点北東角に首相府があるため、周りに高い建物を建てることができず、上から見下ろせないのが難点。
昼間の観光地という印象があるが、夜もライトアップされて違う表情を見ることができる。

注:写真の光の線は車のテールランプやヘッドライトです。同様の写真を撮るためにはシャッタースピードを調節できるカメラと三脚が必要です。
撮り方はこちら

スケッチトラベルカンボジアで夜のプノンペン観光


日本語、英語で簡単&格安予約できます。
ガイドによる更に詳しい説明付きで観光したい方はこちらをクリック