クロサートメイ孤児院


仏系NGO運営の孤児院でシェムリアップでは約50人の子供達を収容。子供達は毎週水曜「ラ・ノリア」で影絵・民族ダンスを披露している。ボランティアの日・英語教師募集中。他にも盲学校、音楽学校など他地域での活動を行っている。

 

クロサートメイ(新しい家族)Krousar Thmey Protection Center

恵まれない子供達を助けるためのカンボジアで初めてできた基金

カンボジア「Stay Another Day」より引用

団体の成り立ちと活動

1991年に新しい家族を意味するクロサートメイは設立されました。孤児や捨て子・路上生活者・誘拐被害者などにたいして物心両面の援助や教育支援を行い、耳や目の不自由な子供達にも教育が受けられるように支援を行っています。これらの活動の目標は、彼等の向上心を助け教育の機会を与える中からクメール人の伝統・文化・価値観などを育てることにあります。貧困者の多い地域での学校建設に加えポイペトやシソポン、シェムリアップの街で教師の給料の足りない分を負担したり教材を支給しています。

団体はクメール語の展示を作り、クメール語の手話もつくりました。マッサージ師になるための教育、音楽、ダンス、織物などを耳や目の不自由な子供達に教えます。

団体は臨時の避難センターを4箇所持っています。そこでは路上生活をしていた子供達を上体が安定するまでの間預かります。100人以上の16歳以下の子供達に家を提供してきました。彼等は家族による虐待から逃れてきた子供や孤児・捨て子、あるいは深刻なトラウマを持った子供などです。私達の11の家は普通の家庭のようにして子供達の面倒を見ます。カンボジア北西部のシソポンではクメールの文化と芸術の学校を運営しています。また二つの中学校と協力して1500人の子供達にダンスや音楽・彫刻・絵画・影絵芝居を教えています。ダンスと音楽のチームは私達の3つの保護センターで定期的に公演を行っています。

 

施設で体験できる事


  • シェムリアップのトンレサップエキシビションでは、この国の文化や自然を紹介しています。盲学校と併設されています。知識のある英語ガイドがいますので私達の活動を正確にお伝えします。
  • 正式に訓練を受けたマッサージ師が校内で療治したりホテルへの出張サービスを行っています。ぜひ利用下さい。
  • 毎週水曜日の夜は「ラ・ノリアホテル」でダンス公演を開催(シェムリアップ)。生徒のダンス、音楽をぜひ聞いてください。
  • どんなことでも私達に協力していただければ有難く存じますご連絡をお待ちしています。
 

関連記事:クロマーマガジンNo.6 孤児院の子供達 :

【何でも体験カンボジア】第10回:孤児院訪問体験の巻