ムロップタパン/タペアンの木



セレンディプティビーチ通りにあるハンドメイド雑貨、洋服など。貧しい家族をサポートするNGOが運営している。   ストリートチルドレン(路上生活の子供達)やその家族に希望を与え自立のための進路相談を行う。

カンボジア「Stay Another Day」より引用

団体の成り立ちと活動 M’Lopとはクメール語で守るという意味です。タペアンの木は日陰を作ったり、シハヌーク・ビルの街の家の無い孤児たちの一夜の家ともなります。彼等を社会のなかに連れ戻してあげるためのシンボルがタペアンの木なのです。 私 達が活動をはじめて、最初に子供達を受け入れたのは2003年でした。私達の目標は路上生活の子供達を助け、保護し積極的に進路をさがし、希望を与えるこ とです。子供達が学校に戻れるように、彼等の家族や地域と協力します。自立した生活ができるように教材を提供したり生活費を援助したりして、支援していま す。 現在私達は600人以上に様々な支援を行っています。生活指導・生活を安定させるための技術の教育・医薬品の支給・運道具の支給などで す。それだけでなく彼らが楽しみを持てるように、劇や絵画・サーカス・音楽・舞踊などを通じて自己啓発ができるように考えています。私達は無料で子供達に 次のようなサービスを提供しています。寝るところ(家)、薬物の影響から逃れようとしている子供達のための24時間の療養所、地域の子供達のための緊急避 難所、スラム(貧民街)での子供の遊び場、移動図書館などです。   施設で見学できる事
  • 子供達の夕方の楽しい集まりに参加して下さい。伝統的なアプサラダンスの踊りをごらんいただけます。
  • 皆さんの参加費用のなかから子供達はお小遣いがもらえます。余ったお金で衣装代などに使います。
  • チャ・ヤームと呼ばれる太鼓の演奏を聴いて下さい。この子達は麻薬中毒からたちなおったのです。
  • 子供達がつくって販売している物をご覧下さい。シハヌーク・ビルのセレニテイ・ビーチにお店があります。現在このお店の売り上げによって23人の子供達が恩恵をうけています。乞食をさせられていた子供達などを優先的にこの仕事を紹介しています。