ニエンクマウ寺院


タケオの町から北に27km。レンガ造りの遺跡で背後には現代寺院が建っていて対比が面白い。10世紀にジャヤヴァルマン6世によって建てられた。当時は3つの寺院が建っていたが、現在はそのうちの2つが残っている。以前は馬顔の綺麗な彫像が残されていたが現在は博物館で保管されている。

多くの寺院を持つタケオだが、その中でもニエンクマウ寺院は最も人気のある観光スポットのひとつ。自然と人工物が織り成す調和が訪れる人を魅了する。