プノンプレアティアット



町から南西に55km程度。25mの高さを誇るリンガ岩が小さな丘の上に立ち、岩の下には10世紀にジャヤバルマン4世により作られたラテライトのクメール寺院が残っているが、レンガの祠堂は7世紀初頭の物。残されたリンガはプレアンコール様式、リンテル、まぐさ石はサンボール美術様式。
アンコール時代より聖地として崇められており巡礼するものが後を絶たないという。プレアンコールの碑文に残るリンガパルバダ(リンガの都)はこちらの遺跡のことではないのかと研究されている。