ソヴァナプム(黄金の時代)カンボジアアートパフォーマンス

伝統芸能スバエクトム(影絵)と伝統ダンスをミックスした、ストーリー性豊かな舞台パフォーマンス。臨場感あふれるショーはここならでは。

ソヴァナプム(黄金の時代) 華やかな時代の芸能を復活させ、守り、発展させるために。

 カンボジア「Stay Another Day」より引用

団体の成り立ちと活動
カンボジアには長い間の豊かな伝統芸能があります。民族舞踊や影絵芝居音楽や曲芸などです。長く続いた戦争や経済不振によって、カンボジアの伝統芸能は途絶えそうになっていましたが復活させなくてはなりません。ソヴァナプムはカンボジアの伝統芸能を守るための団体です。1994年に設立されカンボジア人の芸術家達に発表の場を与えて彼等の生活が立ち行くように活動してきました。またカンボジアの文化遺産を守り育てる役割を担ってきました。現在私達は120人のプロフェッショナルを組織しています。主にプノンペン王立芸術大学の卒業生を中心としています。2002年の野外劇場の修復以来、カンボジアの人々に自分達の文化を再認識してもらうだけでなく外国人にカンボジアの伝統芸能を紹介するために公演を行ってきました。1997年以来健康・教育・環境保護・人権・民主主義などの社会に役立つ考え方の告知などを私達の公演を通じて貢献してきました。

団体からのお知らせ
  • 毎週金曜日と土曜日に午後7時30分からの公演をお楽しみ下さい。影絵芝居・アプサラダンス・仮面劇・民族舞踊などと新しい出し物もあります。
  • 大小の皮で出来た影絵人形や楽器、仮面などを劇場の画廊で販売。月曜日から木曜日は午前8時から午後6時、金曜日、土曜日は午前8時から午後9時までです。
  • 通常の公演のほかに、パーテイなどの機会の特別公演を承ります。
  • クロムスコー・チームが劇場で定期公演を開催。彼等の太鼓のリズムはカンボジアの伝統音楽ですが斬新なセンスをもっています。