スピアントップ



サムラオン南部26km地点に残る、アンコール時代に作られた大橋。当時はタイイサーン地区にあるピーマイ遺跡まで続く王道であった。近くに小さな寺院が残る。