クラチェの藁編み村

町から南へ約30分。2002年にドイツのSEQUA団体が村人に手に職をつけさせるために技術指導を行った。現在では村のほとんどの民家で藁編み工芸を行っており、かご、ござ等を製造、出荷している。