山上にあるタモクの家

アンロンベン北部19km地点の断崖絶壁にある崩壊したコンクリートハウス(通称プーイタモック)は元々、タモクの居住区であった。家の中心には巨木が残されている。週末には地元観光客が訪れる。