トラッピアントモー橋遺跡



6号線の小道を北上。アンコール時代に造られた大橋が大きな貯水池に向かってあるが、現在はほとんど埋立てられ、橋欄干の神像胴体部のみ見学できる。近くにポルポト貯水池、シルク村等もある。