渡部陽一氏、カンボジア訪問

渡部陽一氏、カンボジア訪問

昨今の日本を代表する戦場カメラマンの一人として、世界の戦場の現状をみんなに伝えるためにタレントとして、テレビやラジオなどでも活躍する国際ジャーナリスト、渡部陽一氏がカンボジア訪問しました。

今回はJTB旅物語のチャーターツアーにて多くのお客さまと一緒に参加。滞在中は植樹、小学校訪問のほか、講演会などを行いました。

講演会では、彼の経験からカンボジアを始めとし、イラク、アフガニスタン、パレスチナなど、戦争とその犠牲となる人々、特に子どもたちの現状と未来について語りました。また、彼がどうしてテレビなどのメディアに出ることになったのかとテーマでは、「自分の撮影した映像・写真により、子供から年配の方にまで、イラク、アフガニスタン、レバノン、パレスチナ、スーダンといった戦争のある世界のことを伝えられます。テレビを見ながら、小さな子供がお母さんに『アフガニスタンって、どんな国なの?』と、質問するようになったと言う話を聞いたことが、テレビに出て良かったなと思った瞬間でした」と語っていました。

渡部陽一氏、カンボジア訪問” への1件のフィードバック

ただいまコメントは受け付けていません。